巻き爪ナビ TOP → 巻き爪の基礎知識 巻き爪とは

巻き爪とは

巻き爪とは皆さんもご存知のように、爪の左右両端が巻き込んだ状態のことを言います。この巻き爪は特に足の指(多くの場合親指の爪にできる)にできることが多いでしょう。放っておくと、巻いた爪が皮膚に食い込んで痛みを感じるようになったり、出血したりしてしまいます。巻き爪は別名を彎曲爪といい、その曲がってしまった爪の状態を示しています。

足の爪が外力などといった何らかの原因で横方向へ曲がってしまうと、巻き爪になってしまいます。これは特に親指の爪で発症することが多く、症状の度合いによっては巻き爪が皮膚に思い切り食い込んで出血、そして炎症も起こしてしまう場合があります。炎症を起こしてしまった場合は陥入爪となり、巻き爪とはまた違った病名になります。基本的に陥入爪は巻き爪と併発して起こりやすいので、混同されがちではあります。

本当なら指先を守らなければならない爪が、このように人体へ悪影響を及ぼしている状況というのは、当然ながら不自然です。巻き爪はその痛みもあって、患者に多大なストレスを与えやすいです。巻き爪というのは陥乳爪になっていない限り、大半は痛みを伴いません。しかし陥入爪になっていなくても、巻き爪が指の肉を挟めば痛みは起こりますので、どちらにせよストレスを溜めない内に治療してしまった方が無難でしょう。

巻き爪で直接的に命への危険が起こるわけではありませんが、放っておけば炎症を起こして陥入爪にまでなってしまうため、注意が必要です。そうでなくとも、巻き爪の状態というのは足元に違和感を覚えるものですし、放置しておいても何の得もありません。

巻き爪の基礎知識


タキソテール 添付文書
タキソテールの添付文書なら医療関係者向けの製品情報サイトで!