巻き爪ナビ TOP → 巻き爪の基礎知識 爪甲

爪甲

爪甲(そうこう)とは爪の先の部分の名前です。細かく言えば、爪の外の部分へと出ているところ全体のことをさしています。普段、私たちが爪と呼んでいるのはこの部分のことなのです。指先にある板状の部分は、指先を支える大切な働きをもっているのです。この爪甲の部分は成長してどんどん伸びていき、マメに切らないと長くなってしまいます。

「ツメを切る」といえば、この爪甲の部分を切るということに当たります。先に述べたように、指先を支える大切な役割を持っているのですが、これが長くなりすぎてしまうと、逆に指先の行動は不便になります。悪い時は長くなった爪甲が折れてしまい、爪全体に悪影響を及ぼします。当然ながら痛みは激しく、当分の間は外気に触れるだけでも痛みを感じることもあるほどになります。

また爪が剥がれてしまう理由としても、爪甲が伸びすぎたことが挙げられることも多くあります。例えばどこかに引っ掛け、思い切り力を加えてしまうと、「バリッ」と言わんばかりに爪は剥がれてしまいます。こうした様々なトラブルを未然に予防するためにも、爪(爪甲)はマメに切らなければならない、ということです。

爪甲は延々と成長し続けるため、生涯ずっと切り続けなければなりません。面倒くさがって稀にしか切らない方も大勢いらっしゃいますが、それだと先に述べたようなトラブルを引き起こしてしまう可能性が高くなります。爪は出来るだけマメに切るようにし、お手入れを怠らないようにしましょう。

巻き爪の基礎知識