巻き爪ナビ TOP → 巻き爪の治療 矯正治療

矯正治療

巻き爪の治療方法として代表的なものは、やはり矯正治療でしょう。インターネットや雑誌などで目にする機会も多いと思います。巻き爪の治療といえば矯正治療、と言われるほどメジャーなもので、多くの人は巻き爪の治療法に矯正治療を選びます。この矯正治療は皮膚に食い込んだ爪を伸ばしていくことによって、元の爪の形に矯正するやり方です。

巻き爪になって歪んでしまった爪は、そのまま放置しておくと元通りの形には戻ってくれません。ですがそれでも爪は常に成長していくもので、歪んでいてもそのまま伸びていってしまうのです。しかし矯正治療を行えば、最初は巻き爪によって歪な形になっていた爪も元通りに戻るのです。治療は矯正具などを使って行うのが基本で、痛みはほとんど無く、むしろ巻き爪の痛みから徐々に解放されていきます。

矯正開始から治療までは、患部の重度によっても変化していきますが、短く見積もっても半年前後はかかるでしょう。軽度であるほど治療期間は短くなりますが、重症だと一年近くかかってしまうこともあります。どちらにせよ、患者と主治医の両者に根気のいる治療ではあります。しかし痛みも少なく、手術と違って血を見ることも無いため、やはり巻き爪の治療法としては人気です。

矯正治療は、巻き爪治療の代表格です。それなりに期間がかかるため、根気のいる治療法ではありますが、術後は巻き爪だった部分も綺麗に元通りになっているでしょう。巻き爪になったら、矯正治療を念頭に置いておくと良いです。

巻き爪の治療


イモバックス 添付文書
イモバックスの添付文書なら医療関係者向けの製品情報サイトで!