巻き爪ナビ TOP → 巻き爪の治療 手術

手術

巻き爪を手術によって治療する方法もあります。以前は巻き爪の治療法として最も主流なものとして挙げられていましたが、最近では矯正するやり方のほうが主流となってきています。手術では麻酔をして食い込んでいる爪の端を、縦に切り取ります。また爪の端が伸びないように、爪母細胞を切り取るような処置をすることもあります。この結果、爪の幅が狭まりますので、巻き爪は再発しにくくなるのです。

手術を終えると陥入爪による痛みはなくなりますが、麻酔が切れるとズキズキとした痛みが残ることもあります。しかも手術後は残りますし、あまり見た目が良くなくなることから、女性からは不評な治療法です。また先に述べた通り爪の幅が狭まるため、足に力が入れにくくなったり、足元に違和感を覚えたりするようになります。

再発させないために爪の幅を狭めるのですが、困ったことに再発の可能性が完全に無くなるわけではありません。とはいえ、もしも巻き爪になったまま放置しており、即座の治療が必要となる場合は、手術による治療を受けなくてはならないでしょう。歩けなくなるほど患部がグズグズになってしまっている場合は、手術の必要があります。そこまで放置しておく例は稀だと思いますが、可能性としてゼロではないのです。

巻き爪は矯正するやり方が一般的になっており、手術にはメリットを見出しにくいです。よほど症状が深刻化するまで放っておかない限りは、手術にお世話になることはほとんど無いでしょう。

巻き爪の治療


バーベキュー レンタル
《BBQ(バーベキュー)レンタル》東京都内近郊、格安食材有り!手ぶらバーベキューなら設置から片付けまでお任せのBBQわーるど!