巻き爪ナビ TOP → 巻き爪の原因 爪部分を強打

爪部分を強打

爪部分を強打することによって巻き爪になる場合があります。これは外傷により発生する巻き爪です。スポーツなどでボールが足に当たったりして大きな衝撃が与えられた事によって、足の爪が損傷して、変形するために巻き爪になるのです。事故などによって爪が損傷し、巻き爪になってしまうことも多いです。トラブルの度合いによっては、爪を生成する爪母にまで損傷が及び、治療が難しくなることもあります。

強打によって巻き爪になるのは突発的な事例なので、普段からの行動が関わってくることもなく、また事故的な原因ですので予防するのが困難です。スポーツならば怪我をするような激しいプレーは避け、日常生活では注意深く行動するようにということですが、それでも起こってしまうのがトラブルというものです。

ですので、強打による巻き爪というのは予防するというより、起こってしまってからどうするかが重要になるでしょう。スポーツなどでは基本的に靴を履いてプレーすることが多いでしょうし、目に見えない分、発症した直後でも自覚症状の無いことが多いです。そのため、少しでも足元に違和感を覚えたらプレーを一旦中断し、靴などを脱いで確かめてみるのが良いでしょう。無理に続けてしまうと、悪化してしまうのが普通です。

強打による巻き爪は突発的なものですので、避けようとしても避けにくいことが大半です。出来る限り注意をしながら、それでも起こってしまった場合は、速やかに治療するようにしましょう。

巻き爪の原因


省エネ 山形
こちらで

那須 ペットホテル
那須のペットホテルなら那須の本格的な英国カントリー風の宿【ラピステ】で!

貸会議室・貸し会議室・大阪・大阪市
こちらで

アンカロン 添付文書
アンカロンの添付文書なら医療関係者向けの製品情報サイトで!