巻き爪ナビ TOP → 巻き爪の原因 爪の切り方

爪の切り方

爪の切り方は巻き爪と大変関係が深いと言われています。巻き爪の大きな原因のひとつに間違った爪の切り方があるのです。深爪などになっている場合、巻き爪になる可能性が通常よりも高くなっているのです。また、爪が伸びたまま放置しておくのも、やはり良くないでしょう。爪甲の部分が折れるなどして、損傷してしまう可能性があります。

爪の横部分、特に足の親指だと、多少なり肉に食い込んでいることため、非常に切りにくいかと思います。そのため、ついついその部分は切らず、突出していて切りやすい真ん中部分だけの爪を切って満足する方も多いでしょう。しかしこれが間違った爪の切り方で、この横部分もきちんと切らないと、巻き爪になってしまう可能性が高くなってくるのです。放置して伸びてしまった爪の横部分が、歩くときの負荷などで歪んでしまい、巻き爪になってしまうのです。

とはいえ、この横部分というのは本当に切りにくく、手の指で皮膚と爪を少し離れさせるなどしないと切れません。しかも肉の部分を切ってしまったり、要領が掴めず切りすぎて深爪してしまったりと、爪を切るという行為において難関とも言える箇所なのです。しかしここもキチンと手入れしなければ、先に述べたような巻き爪を発症してしまう可能性が高くなってしまいます。深爪をしないよう気をつけながら、こまめに切るようにしましょう。

爪は伸ばしっぱなしで放置していると、巻き爪を発症する可能性が高くなってしまいます。こまめに爪を切るなどして、巻き爪の危険を回避しましょう。

巻き爪の原因


ナース白衣
ナース白衣なら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!

ウェディングドレス レンタル
http://www.ozoz.co.jp/