巻き爪ナビ TOP → 巻き爪の原因 爪の形状

爪の形状

爪の形状も、巻詰めとは大変関係が深いものです。巻き爪になりやすい人の爪の形状というものもあるようです。こればかりはどうしようもありませんが、爪の形が巻き爪になりやすかったり、爪が軟らかかったり薄かったりすることによって、巻き爪になりやすくなります。

爪の形状は誰もが異なり、爪は誰もが生まれつき持っているものです。そのため、こればかりはどうしようもないというのは先に述べた通りで、取り外して付け替えるというわけにもいきません。だからといって、諦める必要はありません。生まれつきのものは確かにどうしようもありませんが、その分だけ巻き爪にならないよう努力すれば、巻き爪を回避することも出来るのです。

まず、こまめに伸びた爪を切るのが大切でしょう。爪が伸びすぎると巻き爪になりにくい人でもなってしまいますし、誰にでも出来る予防法としては一番の基本とも言えます。そして出来る限り清潔にし、自身の足に合った靴を選ぶこと。この辺りの予防法については当サイトの「巻き爪の予防法」という項目で詳しく説明しておりますので、合わせてご覧ください。

遺伝的要因などで爪が柔らかかったり硬かったりしても、巻き爪にならないよう処置をすることは出来るのです。方法としては矯正治療などといった治療以外にも、フットケアなどで巻き爪補正コースなどを利用するという手もあります。生まれつき巻き爪になりやすい爪の形状をしているからといって、諦めることなど無いのです。

巻き爪の原因


ウェディングドレスのレンタルを格安で
http://www.ozoz.co.jp/

事務服 ブラウス
事務服のブラウスなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!