巻き爪ナビ TOP → 巻き爪の症状 巻き爪の症状

巻き爪の症状

巻き爪を発症させたまま放っておくのは危険です。最初の時期は爪の周りの皮膚が除所に赤くなって腫れたり、多少の痛みを感じたりする程度で、後は何となく違和感を覚えるくらいしょう。しかしそのまま治療せずに放っておくと、皮膚に爪が陥入して硬い爪が皮膚を傷つけることによって炎症を起こしてしまう場合もあり、患部に細菌が入って膿がたまり化膿してしまいます。歩けなくなるほどの痛みも伴うもので、最悪の場合は爪を全て引き剥がさないといけなくなります。

巻き爪の症状として最も厄介なのは、巻き爪から派生して併発する陥入爪です。先に述べたように炎症を起こして化膿したり、合併症として肉芽などが出来たりしてしまう場合もあります。このため、巻き爪は陥入爪を起こす前、できれば痛みの少ない初期症状の段階で治療するのが最善だといえるのです。

巻き爪自体は基本的に症状としての痛みは伴わないものです。ただし、彎曲(曲がること)が悪化すると、曲がった爪が指先の肉を挟んで圧迫し、陥入爪を発症していなくても痛みが出るケースもあります。これはそこまで一般的な例とは言えませんが、可能性の一つとして覚えておくと良いでしょう。またそこまで彎曲してしまっている場合は、歩くときに多大な違和感を覚えるようになるはずです。

巻き爪は巻き爪自体の症状よりも、同時に起こりやすい陥入爪のほうが厄介です。出来れば陥入爪に陥る前に、巻き爪は治してしまったほうが良いでしょう。

巻き爪の症状


マイスリー 添付文書
マイスリーの添付文書なら医療関係者向けの製品情報サイトで!