巻き爪ナビ TOP → 巻き爪の予防 爪の切り方

爪の切り方

巻き爪になる原因として多いのは、爪の切り方が正しくないことです。逆に言えば、正しい爪の切り方をすることによって、巻き爪は予防できるということです。しかし深爪は巻き爪の原因になりえますので、普段から深爪はしないように気をつけましょう。基本的な切り方としては、爪の白い部分を1mmほど残して、爪の縁を四角く切ります。仕上げにはヤスリをあてて切り口を滑らかにするとさらに良いでしょう。

ヤスリなどで爪の形を整えるのは外観のためだけでなく、巻き爪などを予防するためでもあるのです。男性では特にヤスリまでかけるのは面倒くさいという方が多いですが、これを怠ると巻き爪になってしまう可能性が上昇します。面倒かとは思いますが、巻き爪を予防するためにはヤスリまでキチンとかけたほうが良いでしょう。

また爪は長くなり過ぎないよう、こまめに切ったほうが良いです。爪が伸びすぎるのも、巻き爪の原因となるからです。指から出ている爪甲の部分は、長くなれば長くなるほど圧力もかかりやすくなり、そのため変形しやすくなってしまいます。深爪をしないことと、爪を伸ばしすぎないこと。この二つに注意していれば、巻き爪は起こりにくくなるでしょう。

こまめに爪を切り、ヤスリなどで形まで整えている方というのは、滅多に巻き爪を発症しません。発症のしやすさは遺伝的な要素も絡んでくるとはいえ、こういった普段からの何気ない努力で回避できるのです。最も重要なのは、面倒くさがらず爪の形を整えるようにすることです。

巻き爪の予防


プラビックス 副作用
プラビックスの副作用なら医療関係者向けの製品情報サイトで!

不用品処分で良い業者?岐阜
不用品処分を岐阜でならまごころ便利屋スマイルで!