巻き爪ナビ TOP → 巻き爪の予防 歩き方

歩き方

正しい歩き方で歩くことは、巻き爪の予防に繋がります。また踵から着地して踵に重心をかける歩き方は、爪をいたわるのにとても良いとされている歩き方の1つです。歩く方向につま先を向けるのも大事で、これを意識していると自然に正しい歩き方になっている場合もあります。普段から足の先に負担をかけないようにすることが重要で、同時に巻き爪の予防にも繋がります。

逆に間違った歩き方をしていると、巻き爪の発症に繋がりかねません。つま先歩きなどといった歩き方が最たる例で、つま先に負担を大きくかけている分、巻き爪の発症率は非常に高くなります。ハイヒールなどを履いていれば、強制的につま先歩きの状態になるため、これによって巻き爪の発症率が高くなるのです。

歩くときに大切なのは、足腰といった下半身の動きだけでなく、上半身の動きも大事なのです。腕を振って歩くというのは見た目だけの問題でなく、正しい姿勢を保ちながら歩くという面で重要なのです。こうした正しい姿勢で歩くことによって、巻き爪の予防だけでなく、身体の各種関節などにも良い影響を与えられます。腰痛なども悪い姿勢で歩くことから始まる場合もありますので、正しい姿勢で歩くことによって、巻き爪の予防と同時に改善させるようにしましょう。

不自然な歩き方は、体中の至るところに代償を支払わせます。巻き爪の予防だけでなく、あらゆる疾患から身を守るために、正しい歩き方を身につけるようにしましょう。

巻き爪の予防


鹿児島空港 レンタカー
鹿児島空港 レンタカー・レンタカー 鹿児島空港