巻き爪ナビ TOP → 巻き爪の予防 足先への負担

足先への負担

足先への負担をできる限り減らすことによって、巻き爪の予防ができます。サッカー・テニスなど足の先に負担をかけるスポーツをする場合は、特に注意が必要です。スポーツを辞める必要まではありませんが、正しい靴を着用して、長時間に及ぶスポーツの際は適度に休憩を挟み、足を出来る限りケアしましょう。

足先への負担を極力減らすのは、スポーツをする方にとっては特に重要なことです。サッカーなどといった激しい運動を行うスポーツは、それ相応に足先への負担をかけてしまうのです。特に部活の新入部員やダイエットなどでスポーツを開始した方などは、走り方なども慣れていないため、足先への負担を大きくしてしまいがちです。慣れるまでは仕方ありませんが、とにかく無理はしないようにし、休む時は休むように心がけましょう。

足に合わない靴を履くことによっても、足先には負担がかかります。外出する時などは、誰でも靴を履くものです。しかしその時に履いている靴が足にフィットしていないと、足先には知らず知らずの内に負荷がかかり続けているのです。巻き爪が初期段階だと自覚症状に乏しいのと同じで、こうして日々積み重なっていく負荷というのは、本人でさえ気づきにくいものです。ですので、少しでも足元に違和感を感じたら、靴が合わないのではないかと疑うようにしたほうが良いでしょう。

日々の暮らしによって、足先へは徐々に負担が積み重なっていくものです。その負担を促進させないよう、自分に合った靴を履き、スポーツなどでは適度に休憩を取るようにしましょう。

巻き爪の予防


マイスリー 副作用
マイスリーの副作用なら医療関係者向けの製品情報サイトで!